脂質異常症とは

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことを指します。
以前は、脂質異常症のことを高脂血症と呼んでいました。
血液中に余分な脂質が増えてくると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中といった疾病のリスクを伴います。
高血圧の人が脂質異常症になると、血管壁が傷つきやすいため動脈硬化が進行するリスクが高まります。
また、インスリンが不足すると中性脂肪が体内で使われにくくなり、血中の中性脂肪が増えてしまいます。
そのため、糖尿病の人は脂質異常症になりやすく、動脈硬化を進行させるリスクが高まります。
これが脂質異常症という病気であり、「血液がドロドロの状態」、それが脂質異常症といっても過言ではありません。
脂質異常症には、自覚症状はほとんどないため、発見が遅れ、ある日突然、心筋梗塞などの発作に襲われる人が少なくありません。
発作を防ぐには、毎日の食事や運動に注意することと、健康診断などで「脂質異常症の疑い」という結果が出た時は、
そのままにせずに早めに受診して医師の指導を受けることが重要です。

運動しなくても下半身痩せのプロスタイルレギンスはコチラ