悪玉・善玉コレステロールとは

皆さんご存知のように、コレステロールには、悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールがあります。
この2つは、どこが違うのでしょうか。
じつは悪玉と善玉は、実はまったく同じコレステロールなのです。
コレステロールは血液に溶け込めない性質のため、リポたんぱくと呼ばれるカプセルに包まれて血液の中を移動します。
そのカプセルのうち、身体の隅々までコレステロールを運搬する働きをしているものを「悪玉」、
反対に身体から余分なコレステロールを回収する働きを持つものを「善玉」と呼んでいるのです。
悪玉が多いということはコレステロールが溜まりやすくなります。
反対に、善玉が少なくてもコレステロールの回収が少なくなるため、コレステロールが溜まりやすくなります。
悪玉コレステロールが小型化するのを超悪玉とも呼びますが、これは血管壁に入り込みやすくなり、
血管壁に入ると酸化されて、動脈硬化を進行させる一因となり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。

今すぐ細くなりたいならプロスタイルレギンス!