混合肌が改善した方法

私が悩んでいたのは、部分的な強い乾燥です。混合肌に分類されるのではないかと思うのですが、何もしないと眉間から額にかけて毛羽立つように皮膚がカサついて浮いてくる感じです。逆に鼻や頬はテカることがあるのでケアの方法を変えています。 私が実践したスキンケア方法は、洗顔の時のこすり方や洗顔料のつけ方を場所によって変える(物理的にダメージを与えない)方法です。油分の多い鼻や頬の周辺から洗い始め、乾燥が気になる眉間や額はさらっと撫でる程度にして圧を与えないようにしています。化粧水や乳液など補うためのケアは逆に乾燥気味の箇所をコッテリ目にします。 私が、(物理的にダメージを与えない法)を実践してどうだったかというと、顔の皮膚全体のバランスが悪くなくなりました。以前は粉を吹いてしまうような乾燥が目立ってしまった眉間や額が、しっとりとまではいきませんがさらっとした状態でおさまっています。ファンデーションも違和感なくのるようになり、逆に崩れやすかった鼻などは油浮きもなく顔全体のバランスが取れるようになりました。 (物理的にダメージを与えない法)をおすすめしてい人は、顔の皮膚へのダメージが表れがちな30代以降の方々です。若い方々はニキビに象徴されるように何もしなければ脂性に傾く顔の皮膚の状態なので、乾燥を気にする理由があまりありませの気にせず力いっぱい洗顔をしてOKです。 年齢と共に皮膚は薄くなってダメージを受けやすくなっていくので、いかに乾燥を防ぐかに重点をおいてケアをするのが大切です。乾燥が強い季節は、オイル系のメイク落としの後、洗顔は水だけ、洗顔料は気になるところだけ、他の部分はふき取り用化粧水にしておいて保湿をしっかり!で乾燥するスキを作らない、落としすぎないのがなにより大切です!
グラマラスタイル 口コミ