乾燥肌のスキンケア

私が悩んでいたのは、化粧をした後に目立つ乾燥肌です。たっぷり化粧水などを使って肌を整えると、一見しっかり潤っているように見えるのですが、その後下地やファンデーションを塗った肌をよく見ると、表面の薄い皮がむけて、ぼそぼそ、ぱさぱさして、見た目にも若々しさに欠ける肌となっていました。 私が実践したスキンケア方法はピーリングとその後、パックでのアフターケアを定期的に行うことです。表面の皮が剥けて見える状況は、いくら美容液、化粧水、乳液、クリームなどを増やしたり別のものに変えたりしても、一向に効果は見られませんでした。そこで、肌の表面をやさしくこするピーリングジェルを洗顔後に取り入れ、不要な角質や剥けてくる皮を取り除こうと考えました。毎日では刺激が強いので2週間に1回と決め、ピーリングジェルを使用した後はかならずパックでアフターケアをし、できる限り肌への負担を少なくするよう努力しました。 私がピーリングを実践してどうだったかというと、すぐに効果が現れました。1回目にピーリングジェルを使用した翌朝、いつもとかわらず、化粧水、乳液、クリームを肌になじませてから、下地を顔全体に伸ばしました。まず、下地の伸びがいつもと異なりました。見た目にもピタッとした馴染みの良さがわかるくらいでした。またファンデーションもスッと肌になじみ、艶感があり、いつもと同じファンデーションを使っているとは思えないくらいでした。これまで悩んでいたぼそぼそした感じや、ぱさぱさした感じは全くありませんでした。 ピーリングをおすすめしたい人は、化粧の馴染みの悪さに悩み、またある程度肌の強い人です。ピーリングを行う際は、やさしく肌をなでるように行いますが、肌へのダメージが全くないわけではありません。また体調によっては、赤みが出たりすることもありますので、肌が敏感な人や、お肌に傷があるような場合にはおすすめできません。 ピーリングはアフターケアがとても大事だと思います。どんなにやさしく行っていても、古い角質と一緒に油分や水分も取られてしまうため、その後の保湿はとても重要です。保湿によって赤みなどを抑えることもできるので、ピーリングと保湿はワンセットで行うようにしてください。また、肌への負担を考えて、行う頻度や回数を調整する必要があるかと思います。効果があったからといって、たくさん行えば良いというものでもありません。自分の肌の状態を確認し、適切な状態で行うからこそ得られる効果だと思います。
http://tos.moo.jp/