ひどいニキビとニキビ跡に悩んで実践したこと

私が悩んでいたのは、ひどいニキビとニキビ跡です。高校生の頃はメイクをしていなかったのもあって、朝晩の水洗顔以外には何をしなくてもノートラブルでした。大学で一人暮らしを始めると、食生活の乱れのせいか一気にニキビが増えました。 私が実践したスキンケア方法は、洗顔料をしっかり泡立てて洗うことと保湿を怠らないことです。友達に連れられて行ったエステサロンで肌診断をしてもらうと、乾燥肌という意外な結果が出ました。そこでされたアドバイス通り、洗顔後に化粧水と乳液で保湿しました。 私が保湿を実践してどうだったかというと、大正解でした。それまでスキンケアの知識がなかったため、とにかく洗顔料を塗るくらいの勢いで洗顔ばかりするという乾燥肌には逆効果なことをしていたため、保湿をするようになると、ニキビがだいぶ減りました。まだ二十歳そこそこだったのもあってか、ニキビ跡も少しずつ目立たなくなりました。 保湿をおすすめしたい人は、乾燥肌の人です。ベタベタするから脂性肌だと思っていたら、実は乾燥肌だった、というパターンもあるようです。迷った人は、一度肌診断を受けて確認してみてください。保湿は全ての人に必要とは思いますが、あまりトラブルのない若いうちからやり過ぎると、肌が本来持つ保湿力が衰えると聞いたことがあります。若い人には、数種類のクリームを使うような保湿をおすすめしたくないです。 まずはプロに肌診断してもらうことをおすすめします。保湿は基本ですが、間違ったやり方では肌トラブルが悪化してしまうため、色々迷って基礎化粧品をたくさん買ってしまうようになるかもしれません。一度プロのカウンセリングを受けたほうが、安上がりで短期間で改善されることもあります。