ヴィーガニズムと生活習慣病の糖尿病

生活習慣病の一つである糖尿病は、患っている人が多いとされている生活習慣病の一つでもあります。

血糖を下げるインスリンと呼ばれるホルモンがあるのですが、このインスリンが不足することで、働きが悪くなってしまうと、それが原因で、血液の中の血糖値が高くなりすぎてしまい、尿の中に糖がでてしまいます。これが糖尿病になります。糖尿病といっても種類があり、幼児期から青年期にかかる糖尿病もありますが、成人で、生活習慣病がきかっけでおきる糖尿病もあります。生活習慣病の糖尿病というのはとてもこわい病気で、何が怖いのかというと、合併症を併発する可能性があるのです。ヴィーガンで防げる血糖値が高い状態が長く続いてしまうと、体中の血管に障害が起きてしまいます。それが原因で、失明してしまったり、腎不全になったり、脳卒中や心臓病になるなど、実に多くの病気を併発する可能性が高くなるのです。もしも生活習慣病の糖尿病であると診断された場合には、早めに生活習慣を見直して、食事などの改善も行い、血糖値を自分で調整していくことが大切です。放っておけば、他の生活習慣病にもつながりますし、それだけでなく、失明などのリスクを抱えることにもつながります。食事療法をして、適正な体重をキープすることや、禁煙や禁酒を厳守する、魚中心の食生活に改善させる、野菜をたくさん食べる、運動不足を解消することなども、生活習慣病の糖尿病予防につながるのではないでしょうか。