リバウンドの原因と筋肉量について

リバウンドが起きたことで、ダイエットで減らした分の体重がまた増えてしまったという人がいます。リバウンドのリスクが少ないダイエットをするには、まずリバウンドの原因を把握することです。筋肉は、ダイエットとは関わりがない部位のようにも見えますが、リバウンドは体についた筋肉量に影響されます。体に蓄積されている脂肪は、食事の量が少ない時などに、予備のエネルギーとして燃やして使ってしまうことができます。身体に蓄積されている脂肪をエネルギーとして使ってしまえば、減った脂肪の分だけダイエットをすることができます。もしも、体内に留められている脂肪を燃やさないと生命維持のエネルギーが確保できない状態になった時には、筋肉も消費されます。基礎代謝を高めるには、筋肉を増やすことが重要です。筋肉が衰えると、カロリーを燃やしてエネルギーに変える機能自体も弱くなってしまうのです。基礎代謝は、筋肉の衰えに伴って下がります。基礎代謝の低い体は、カロリーが燃えにくいので、ダイエット効果が得づらくなります。筋肉が少なくなり、基礎代謝が下がっている時に、ダイエット前の食事内容に戻してしまうと、以前ほど多くのカロリーを使っていないために、脂肪が増えやすくなり、リバウンドします。ダイエット後にリバウンドするのは、食事制限で筋肉が減ったことが原因です。それなら、筋肉が減らないようにダイエットをする必要があります。カロリー制限をしつつ、運動量を増やして筋肉の多い体をつくることで、ダイエットが終わってからもリバウンドがしづらい体質になれるでしょう。減らした体重を一過性のものにしないために、リバウンドの原因である筋肉低下を運動によって予防し、基礎代謝が下がりすぎないように心がけながらダイエットをしましょう。ボイトレスクール